なんでニュージーランドでオーロラが出るん?


2022年2月27日の日没直前に、太陽風磁場の向きが大きく南向きになりました。

と何時もの様に書き始めましたが、「一体何の事???」という方もおられると思い、今日は何故オーロラがニュージーランドで見られるのかを簡単に説明させて頂きます。

先ずはオーロラが何故現れるのか❔

なのですが、オーロラは寒さに関係なく、太陽風と地球大気中にある酸素と衝突すると緑色か赤色のオーロラに、窒素と衝突すると最下段のピンク色か、上層に出る紫色か青色に発光します。

これを先ず大前提としてお知りおき下さい。「寒い日じゃないと出現しない」というのは大きな間違いです。

その太陽風磁場の向きが大きく南向きになると、北向きの磁場を持つ地球の磁気圏に大きな風穴が開くと思って下さい。そこに太陽風エネルギーが飛び込んで来てビカビカと発光するのです。

またクィーンズタウンのオーロラは南極方面でそびえ立っているオーロラを横から見ている訳でして、下から上までのオーロラを見渡せるという事になります。空気が綺麗なので、地平線スレスレまで星もオーロラも見渡せるのがアドバンテージになっています。

しかし、今回のオーロラは撮影者の私でも驚くほどカラフルになりました。風が強くて湖に波が立ち、鏡の様にならなかったのが残念ですけど。

Canon EOS 6D SEO-SP4(天体改造カメラ)、Samyang 35mmF1.4(F2.8)、ISO1万、15秒、ややトリミングしてます。タイムラプス動画の1コマ

最終確認中のオンライン・スターウォッチングツアーで、このタイムラプス動画をご披露する予定です。






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示