ニュージーランド 南島と北島の違い


2022年3月も終盤。4月2日深夜の午前3時になると時計を1時間戻す作業をして、今季の夏時間が終わります。そしてここニュージーランド南島は秋本番に突入し、木々が色付いて来ます。

まあ原生林は紅葉しないんですけどね。

今日は南島のほぼ中央にそびえ立つ最高峰マウントクックの写真と、次の写真では北島の北部にある大都市オークランドの写真を見比べて頂ければと思います。

ここクィーンズタウンの我家から上の写真を撮ったプカキ湖までは車で2時間30分。距離にして210キロメートルほどあります。道中ですが信号機が全く無いのがええでしょ?

NZニュージーランドの総人口は約500万人。その内77%が北島に住み、残りの23%が南島に住んでいます。という事は南島の人口は115万人。日本の国土の70%程の大きさであるNZにたったの500万人しか住んでいない。これも私がNZに移住した理由の一つです。

因みに何年か前に日本に帰省した際、新宿駅の切符売り場で「人に酔った」事がありました。大阪出身なのに、身体は既に田舎者が染みついてしまったんでしょうね。お陰様で星が綺麗ですよ。8等星が見えますからね。






そしてこちらは大都市オークランド。人口は172万人(2021年)でNZで最も大きな街です。早い話NZ総人口の1/3がこの街に住んでおり、それはそれは賑やかでした。先月の旅行で感じました。

写真は2枚ともSONY α7RIII に Canon EF 70-200mmF4L IS USM の組み合わせで撮っています。

一枚目の手前に写っているのは湖で、2枚目のそれは海の違いはあれど良く似た構図です。大きな違いは湿気が考えられます。2人の息子はどちらもオークランドで大学に通っていますが、お肌がしっとりすると感じている様です。

確かにオークランド滞在中に日本の様な湿気を感じ、直ぐに汗が出て来る感覚がありました。一方マウントクック~クィーンズタウン間は内陸で非常に乾燥しており、木造建築物が普通に200年ももつと言われています。

星を見るのに湿気は大敵ですので、クィーンズタウンの乾燥はもってこいです。なので皆様も星を見に行かれるなら海岸線はダメですよ。海岸で見る夕日の色が黄色やオレンジ色に染まるでしょ。あれは海洋が集めた空気中の埃に青色波長の光が当たり、地上にいる人間の目に届かなくなるからです。

クィーンズタウンの夕日が白いのは、これが理由。空気が綺麗なので、地平線ギリギリまで星が見えています。遠くのオーロラも見渡せるので、これは大きなアドバンテージになっています。

さて皆様は南島、北島、どちらがお好みでしょうか?






閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示