メリークリスマス、そして良いお年を


2021年もあと数日でんなぁ。

今年もこちらに「クリスマス&良いお年を」のカードをお贈り致します。皆様のご健康と安らかな年末年始をお祈りしております。

私はレナード彗星の撮影と、来年早々には始めたいオンラインでのスターウォッチングツアー内で放映するオーロラダンスが見られるタイムラプス動画の製作で慌ただしい年末になりそうですが。

写真の撮影地は空港近くにある我家から車で10分程の所にある湖岸で、通常は街明かりが強いので天体撮影は行わないのですが、大きなオーロラが出るとの確信があったので、湖を入れて撮る為に敢えて行ってみました。

天体用に改造してあるデジイチで撮ってあるので、オーロラ5原色(下からピンク、緑、赤、紫、青色)全てを99%以上透過します。フィルムと同じです。

パンデミック騒ぎが終り、皆様がもしオーロラを見に極地に行かれる時は、是非とも天体用に改造されたカメラをお持ち下さい。じゃないと5原色の透過率が全て違ってくるし、赤色オーロラに関しては4割前後しか

透過しませんので。

またカメラがいつ故障しても良い様に、最低2台のデジイチ/ミラーレスをお忘れなく。また撮影後のキンキンに冷えたカメラを暖かい送迎車や宿の部屋に持ち入ると、カメラ内部が結露してロクな事にはならないので御注意下さいませ。

出来れば密封出来るビニールの入れ物、例えば「ジップロック」等に戸外で入れて、その後は数時間開けないで下さい。SDカード等も同様だと思います。

南半球はオーロラベルトの中心である地磁気南極点がニュージーランド寄りにあるので、半袖でオーロラを撮影する事もある位です。ですのでビニール復袋まで準備する事はあり得ないですけどね。真冬でもカメラバッグ程度で大丈夫です。





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示